司法書士になるには!?どうすれば良いのか?

司法書士になるには!?どうすれば良いのか?

司法書士試験に合格する必要がある

司法書士は、法律文書作成のプロです。登記実務においては主役の立ち位置にあります。そんな司法書士になりたいと思ったならば、司法書士試験に合格する必要があります。司法書士試験は民法や憲法などの基本法律科目に加えて、不動産登記法や供託法を勉強しなければなりません。また、筆記試験の後に口述試験も控えており、口述試験は筆記試験を通過しないと受けることができないど、難易度が高い試験となっています。そのため、基礎的な法律知識の習得は欠かせません。

合格するための勉強法は?

司法書士は登記実務や供託実務といったことを主な戦場としているため、その手続きについての知識が重要となってきます。そのため、実体法を理解するにあたっては、手続法を意識した理解が重要です。単に法律の要件を知っていたとしても手続きについてわからなければ、知識が役に立ちませんよね。将来的に実務につくにあたってもそのことは重要なので、常日頃の学習においても両者の結びつきを意識したほうが、知識が定着していきます。

過去問を分析・検討しよう

これは他の法律資格試験においても共通ですが、過去問をしっかりと分析・検討しておく必要性は高いです。出題形式は毎年大きく変化することはなく、似たような知識を問う問題も多く出題されます。そのため、普段から知識が定着したかを見るためにも、過去問を解いておくと良いでしょう。また、過去問を解いておくことで実際の試験場で受験するときのことを想定することができるので、本番では慌てなくなります。以上のように、しっかりとした知識を身に着け、問題の分析・検討を行うことで、合格へ近づくことができます。難関の司法書士試験を突破できるように頑張っていきましょう。

司法書士の資格は独学で取得することは非常に難しいため、司法書士の試験を受験するなら資格の専門学校やスクールで勉強すると、合格率も上がります。