税理士になるには?その資格の取り方について

税理士になるには?その資格の取り方について

税理士試験に合格しよう

税理士は税理に関するプロで、企業の会計処理をサポートする役割を担っています。よく、街に看板が掲げられているのを見かけますよね。この税理士になるには、資格試験に合格しなければなりません。税理士試験に合格することで、税理士として活動することが可能となるのです。また、別ルートとしては、一定期間国税局で働いていた人は試験に合格しなくても税理士になることができます。そのほか、司法試験合格者も税理士として登録することが可能となっています。

メインルートは税理士試験

このようにいろいろなルートが存在していますが、メインとなるルートはやはり税理士試験に合格することです。税理士試験の科目は11科目あり、その中から5科目を選択して受験するスタイルになっています。その内必修科目は2科目、選択必修科目が1科目あり、それを含めて5科目以上合格する必要があります。一度合格した単位科目は一生涯有効なので、少しずつ合格をしていくという方法もとれます。そのため、働きながら資格を取りたいという人には助かる制度です。

税理士試験は難関試験である

各科目ごとの合格率は15パーセントと低く、それを5つ通過しなければならないなど、税理士試験は難関資格となっています。そのため、多くの方が合格まで年数を費やし、少しずつ科目に合格をしていきます。そのことを考慮すると、合格するまでの道のりは険しく、生半可な気持ちでは受かる資格ではないと言えるでしょう。したがって合格を目指す方は、明確な目標を持って受かるというモチベーションを高めていきましょう。このことは、途中であきらめないためにも必要なことなのです。ぜひ、税理士になりたい人は頑張ってください。

税理士資格の取得を目指している方、対面式や通信教育の税理士の講座を受講しましょう。独学で行うよりも近道です。