火災保険とは!?その補償内容と注意点について

火災保険とは!?その補償内容と注意点について

火事があっても金銭的な損害を避けられる

火事で家が燃えてしまったという場合、財産としての家はなくなってしまいます。しかし、金銭的な補償が受けられれば、また新しい家を建て直せるでしょう。このように火災保険は、火事によって滅失した財産に相当する金銭を補償してもらえる保険です。いくら燃えにくい鉄筋コンクリートの家に住んでいても、内装は木や紙が使われているので、火事により住めなくなることはあります。そして、結果として建て替えが必要となる場合も多いでしょう。そのため、火を使うことが多いのであれば、加入しておいた方が安心できます。

すべての火事が保障されるわけではない点に注意!

ただし、火災保険に加入していても、すべての火事による損害が補償されるわけではない点は、注意が必要でしょう。どういった条件であれば補償されるかについては、加入にあたってしっかりと確認しておく必要があります。たいていの火災保険は、地震による火災は補償の対象外です。そのため、地震を原因とした火事に備えるには、地震保険や災害保険に加入しておくべきでしょう。さらに、免責規定を読んでいると、重大な過失があった場合にも補償は受けられないことがわかります。したがって、保険に入っているだけで安心せず、火の管理はしっかりとしておくべきです。

火災だけが補償対象ではない

その他、火災保険の対象は、火災以外による損害に及んでいる場合があります。一例としては、集中豪雨や土砂崩れといった水害や災害です。特に、オールインワン型の火災保険であれば含まれていることが多いです。ただし、補償範囲を絞っている格安の火災保険は、火災に特化しているため、それらを補償範囲に含めていません。しかしそれが不必要というのであれば、安いほうが魅力的ですよね。そのため、自分がどの範囲を補償してもらいたいのかを考えた上で、加入先の保険やプランを決めるべきでしょう。

火災保険とは、たばこやストーブ等の火の不始末によって家が焼けてしまった時に、再建する費用をいくらか賄ってもらうものです。