公務員になるための勉強は計画的に!勉強法を間違うとマズイ!

公務員になるための勉強は計画的に!勉強法を間違うとマズイ!

公務員試験の筆記試験は早く取り掛からないといけない

公務員になるには公務員試験の勉強をしないといけません。多くの公務員試験では筆記試験が課されます。択一試験と論文の試験が多いですが、公務員試験の筆記試験の科目というのは、初めて聞いた人はかなり驚くと思います。それくらいに多いです。公務員試験の筆記試験は、受けるところによっても変わりますが、多い場合は30科目ほど課されており、とてつもなく膨大です。現在、働いている公務員というのは、この膨大な量をちゃんと勉強して公務員になっているのです。したがって、できるだけ早くから始めないと、30科目全部勉強が終わらないことがあるので、注意が必要ですね。

膨大な筆記試験の科目全てを勉強する必要はない

過去の合格点からいって、全ての科目を勉強しないと受からないわけではありません。勿論、全部やれるならやった方が良いですが、一部捨ててしまっても受かります。30科目あるとすれば、そのうち1割から2割くらいは捨てても合格点には届く期待は十分持てます。捨てすぎなければ、痛手にはならないのです。どの科目を捨てるか?というのも、慎重にならないといけませんが、全部の科目をきっちりやらないといけないということではないのです。

勉強の計画をきっちり立てておこう

すでに紹介したように、公務員試験の筆記試験は30くらい科目がまずあって、その中から何科目かは捨てても大丈夫ということです。それらを踏まえて、早めに勉強に取り掛かる。その際には勉強計画を立ててからやりましょう。それぞれの科目で難易度も違いますし、かかる時間も違います。各科目で問題の数も違いますから、優先したほうが良い科目、より多くの時間や手間を使った方が良い科目もあります。それらを判断しながら、先にどういう予定で勉強していくか?を決めてからやらないと、結果に大きな影響を与えてしまいかねないのです。

公務員の講座は多くの業者によって開かれていますので、講座内容を慎重に検討して、自分に適したものを選ぶ必要があります。